ニュース

USB MIDI 2.0 仕様書

ビュー : 295
著者 : flykantech.com
更新時間 : 2023-06-16 13:28:26
USBを介した操作のハイライトは次のとおりです:

■ 決定論的で高速なスループットのサポートが向上(MIDIの元のスピードの数百倍まで)
■ 古いデバイスと新しいデバイスは、更新されたUSB MIDIデバイスのクラス定義に対応するオペレーティングシステムで動作します
■ 基準となるデバイスにはドライバが必要ありません(前のバージョンと同様)
■ 新しいユニバーサルMIDIパケットの16グループで256のMIDIチャネルをサポート
■ 高密度なMIDIストリームの正確なタイミングを提供可能
■ デバイスは複数のエンドポイントを実行して256以上のチャネルを使用できます
■ 時間の経過とともに、USB MIDI 1.0よりも実装が簡単になります
■ MIDI Capability Inquiry(MIDI-CI)を含むMIDI 2.0のメカニズムの使用を強化
■ MIDI 1.0プロトコルとMIDI 2.0プロトコルデータの両方をサポート
■ デバイスは、MIDI-CIで使用するためのUMP Group IN/Outペアを宣言できます
■ デバイスは、共有または関連する機能に複数のUMPグループを使用することを宣言できます
■ より予測可能な高速使用のための帯域幅記述子を追加
■ ジッタとスループットの制御のために、バルク(USB MIDI 1.0はバルクのみ使用)に加えて割り込みトランザクションのサポートを追加

MIDIデバイスのUSBクラス定義v2.0
コンピュータが多くのMIDIシステムで中心的なコンポーネントとなったため、USBはMIDIデータを輸送するための最も広く使用されているプロトコルになりました。MIDI 2.0の導入に伴い、USB Implementers ForumのUSB MIDI 2.0作業グループ(MIDI Manufacturers Association(MMA)およびAssociation of Musical Electronics Industry(AMEI)のメンバーが率いています)は、USB MIDIデバイスのクラス定義を更新しました。この仕様では、USBがMIDIデータを輸送する方法が定義されています。

更新された仕様のキーは、MIDI 2.0の新機能をサポートするために新しいユニバーサルMIDIパケットの使用であり、同時にMIDI 1.0との後方互換性を維持しています。USB MIDI 2.0仕様のダウンロード(2020)
トップページ
製品
ダウンロード
お問い合わせ
ブログ